') ?> 体操・ストレッチで | 低身長コンプレックス解消講座

低身長コンプレックス解消講座では身長を伸ばす方法を紹介しています。

トップページ | 当サイト利用規約 | 相互リンク

低身長コンプレックス解消講座

TOPページ > テスト > 体操・ストレッチで

体操・ストレッチで

スポンサードリンク

身長の病気とは

身長が伸びる体操の基本はストレッチです。

特に、全身と下半身を中心に、足首や膝や背筋を伸ばす縦方向を意識したストレッチをするのが効果的です。

朝起きた時と夜寝る前、毎日行うのがいいでしょう。

動きやすい格好で、できるだけ薄い服を着て行うのがいいです。

これは、成長ホルモンを分泌する脳下垂体前葉に適度な刺激を与えるためだそうです。

窓を開け、新鮮な空気が入った状態でやるのがいいです。

また、夜寝る前のストレッチは、体を柔らかくしたり血液の流れをよくしたりし、睡眠が取りやすくなります。

睡眠中に成長ホルモンが促されますので、しっかり睡眠を取れるようにするのはよいことでしょう。

ストレッチをすることで、身長が伸びるのに不可欠な成長ホルモンの分泌が促進されます。

成長ホルモンは骨の発達に影響を与えます。

そのため、ストレッチによって成長ホルモンの働きが促され、骨が成長するようになるという訳です。

また、体があたたまって血液の流れがよくなるので、成長ホルモンが体に行き渡るという効果もあるのです。

筋肉が柔らかくなることも、骨の形成に大切なことです。運動の前後にストレッチするのは、身長のためだけでなく、怪我の防止の面からもオススメです。

また、「背が伸びること」をイメージしながら体操するのがよいようです。

草木が伸びる様子をイメージしたり、天に指先が届くようなイメージをしたりしてみてはどうでしょうか。

次ページ:身長を伸ばすスポーツ