') ?> 身長と運動 | 低身長コンプレックス解消講座

低身長コンプレックス解消講座では身長を伸ばす方法を紹介しています。

トップページ | 当サイト利用規約 | 相互リンク

低身長コンプレックス解消講座

TOPページ > 身長と生活習慣 > 身長と運動

身長と運動

スポンサードリンク

バスケ・バレーで背が伸びる?

「身長」と「運動」の2つのキーワードが並ぶと必ず連想されるのが「バスケットボール」「バレーボール」です。

バレーボールやバスケットボールの有名選手は揃って背が高いですが、バレーボールやバスケットボールをやることで背が伸びるのでしょうか、それとも背が高いからバレーボールやバスケットボールで活躍できるのでしょうか。

「全く同じ人間」は存在しませんので、これらのスポーツをやった場合とやらなかった場合を比較することは出来ませんが、どちらかというと後者の傾向があるようです。

それでも、バレーボールやバスケットボールは他の運動と比べて「身長が伸びやすい運動」と言われています。

「身長が伸びやすい運動」とは一体どんな運動なのでしょうか。

背が伸びやすい運動とは

「身長が伸びやすい運動」の条件として、次のようなものが挙げられます。

1.エネルギーを消費し、食欲を増進させる
2.適度な疲労感を与え、熟睡を与える
3.骨に縦方向の刺激を与える

栄養、睡眠が身長にとって重要な要素であることは前のページで説明しました。

食欲を増したり、熟睡できる疲労感を与えられるような運動は栄養摂取・睡眠に良い効果を与えることが出来ますし、睡眠時の成長ホルモン分泌を促す事が出来ます。

そして、重要なのは「骨に縦方向の刺激を与える」という点です。

あまり強い刺激だと逆効果ですが、ある程度の縦方向の刺激を与えることで、骨はその刺激に耐えられるよう縦方向に成長すると言われています。

これらに当てはまる運動として、『バスケットボール』『バレーボール』『縄跳び』『ジョギング』『スキー』『ダンス』などが挙げられます。

過ぎたるは及ばざるがごとし

とは言え、やればいいというものではありません。

張り切りすぎて疲れて夕飯も食べずに寝てしまったり、激しい運動で体に大きな負担をかけてしまうと逆効果になります。

特に子供は『背が伸びるからバスケをやりなさい!』などと本人がやりたくないことを強要すると、ストレスが溜まって情緒不安定になり、成長ホルモンの分泌が乱れてしまいがちです。

「適度な運動を楽しむ」事が重要です。

次ページ:身長と姿勢