') ?> 身長と睡眠 | 低身長コンプレックス解消講座

低身長コンプレックス解消講座では身長を伸ばす方法を紹介しています。

トップページ | 当サイト利用規約 | 相互リンク

低身長コンプレックス解消講座

TOPページ > 身長と生活習慣 > 身長と睡眠

身長と睡眠

スポンサードリンク

背を伸ばすために重要な「成長ホルモン」

背を伸ばすために重要な「成長ホルモン」は、昼間起きている時より夜寝ている時の方が何倍も分泌されます。そのため、しっかりと睡眠時間を取ることが重要です。

目安となる睡眠時間の長さは、小学生までは10時間、中学生9時間、高校生以上は8時間と言われています。

もちろん長い時間眠ればよいのではなくて、しっかりと熟睡する事が重要です。

社会人になると、休日以外はなかなか8時間も寝る時間はないですよね。十分な睡眠時間が取れない場合は、短い時間でも熟睡する事が重要です。

大人にとっての睡眠

ある程度の年齢になると、成長ホルモンによる身長の伸びは期待できなくなります。ですが、大人の場合も睡眠時間と身長には関係があります。

それは、「重力からの開放」です。

骨と骨の間には「椎間軟骨」という軟らかい組織があり、この椎間軟骨は圧力を受けると縮んでしまう性質を持っています。

大人になればなるほど仕事や生活のために立ったり座っている時間が長くなり、夜寝る時以外に横になることはほとんどないでしょう。

立ったり座ったりしている間、背骨や下半身には体重・荷物の重さがかかっています。
つまり背骨や脚の骨にある椎間軟骨に圧力がかかる事になるため、椎間軟骨が縮み、身長が縮んでしまいます。

それが横になっている間は重力から解放されるため、椎間軟骨への圧力がなくなり元の長さに戻ります。

縮んだ椎間軟骨はすぐには戻らないため、十分な睡眠時間(正確には横になっている時間)を取ることが必要です。

縮んだ状態が続いてしまうと簡単には戻らなくなり、結果的に身長が縮んでしまう可能性もありますので注意が必要です。

次ページ:身長と運動