') ?> 背の高さは遺伝で決まる? | 低身長コンプレックス解消講座

低身長コンプレックス解消講座では身長を伸ばす方法を紹介しています。

トップページ | 当サイト利用規約 | 相互リンク

低身長コンプレックス解消講座

TOPページ > 身長と生活習慣 > 背の高さは遺伝で決まる?

背の高さは遺伝で決まる?

スポンサードリンク

背の高さ=遺伝ではない

「親が小さいから…」と、身長は遺伝で決まるという考え方を持っている人が多くいます。

確かに「遺伝」は身長を決める要因の1つであるのは間違いないようです。

しかし、遺伝だけでその人の身長の全てが決まるわけではありません。

現在では、その人の身長を決める要因は
栄養 > 遺伝 > 運動 > 環境 > その他
であると言われています。

背の高さを決める要因

平均身長から見る日本人

文部科学省が行っている全国身体検査による「日本人の平均身長」を見ると、身長=遺伝ではないことがわかります。

昭和23年(1948年)当時の14歳男子の平均身長は146cmだったのに比べ、平成15年(2003年)の14歳男子の平均身長は何と165.4cmにもなったそうです。

当時は満足に摂ることの出来なかった「栄養」が現代では十分摂れるようになりました。

そのことが日本人の平均身長を伸ばす最大の理由だと考えられており、遺伝が身長に与える影響は23%程度と言われているそうです。

ですから、親が小さくてもあなたの背が高くなる可能性は十分ありますし、あなたの身長が低いとしてもお子様の背が高く成長する可能性は十分あるのです。

次ページ:身長を伸ばす四大要素