') ?> 得意分野で優位に立つ | 低身長コンプレックス解消講座

低身長コンプレックス解消講座では身長を伸ばす方法を紹介しています。

トップページ | 当サイト利用規約 | 相互リンク

低身長コンプレックス解消講座

TOPページ > 低身長コンプレックスを解消 > 得意分野で優位に立つ

得意分野で優位に立つ

スポンサードリンク

自分の得意とする分野で優位に立つ

簡単に言ってしまえば、「身長は低いけど○○は得意だ」と自分を高める方法と思ってよいでしょう。

この方法は色々なコンプレックスの解消法として用いられ、逆に劣等感があるからこそ仕事やスポーツを頑張れる、「自分にはこれしかない」と、ある意味脅迫観念のようなものを持って臨むため大きな結果を出せる事が多いようです。

地方出身をコンプレックスに感じ必死に働き結果を出す人や、幼い頃貧乏だったことがコンプレックスでスポーツに打ち込みプロになるなど、テレビで『美談』として描かれる事も多いですよね。私はこの手の番組は嫌いですが!

直接的に「低身長」を解消しているわけではありませんが、代替手段として最も用いられやすく、また副作用的に前向きな姿勢と社会的評価が得られやすいため最も前向きなコンプレックス解消手段と言えるかもしれません。

私の経験談

かく言う私もこの手段で低身長コンプレックスを解消しました。

身長(+もうひとつあったコンプレックス)について周りから何か言われないよう、また自分自身も気にするヒマも余裕もなくすために中学はテニスと勉強、高校は陸上、大学はサークルの運営、社会人になってからは仕事に打ち込み、自分で言うのも何ですがそれなりの結果を出しています。

と言っても大学にもなれば、目の前のことに必死になる姿勢が身に付いていたので低身長コンプレックスとは関係なくなっていた気がしますが(笑)。

この方法の欠点としては「ちっちゃいのに頑張るね」とか「仕事のフットワークが軽いのは身長のお陰かな」などと言われる可能性がある事でしょうか。

もちろん当人は冗談で言っているのでしょうから、そこで気にしたり怒ったりしてはいけません。

間違っても、「課長の仕事が遅いのはそのビールっ腹が重いせいですかね」なんて言い返してはいけませんよ。